目元クリームの効果的な使用方法と注意点

アイクリーム 使い方 画像

目元クリームは、目元のたるみやシワといった
気になる悩みやトラブルを防ぎ、改善する効き目があります。
正しい使用方法を知って、更に効き目をアップしましょう。

 

 

目元クリームの効果的な使用方法

 

タイミング

アイクリーム 使い方 画像

 

目元クリームを使用するタイミングは、商品によって違いますが、
たいてい洗顔後のスキンケアの最後に使います。

 

目元クリームは油分があるので、始めに使用すると
ローションなどが浸みわたりにくくなりますので気を付けましょう。

 

 

使用方法

アイクリーム 使い方 画像

 

目の周りの数か所にクリームをちょっとずつ乗せ、
全体に優しく馴染ませていきます。

 

下まぶたは目尻から目頭の方向に指で馴染ませ、
そのまま上まぶたを目頭から目尻方向に馴染ませていきます。

 

目尻のシワなどが特に目立つところは、指先で軽くポンポンと
たたくように重ねづけしましょう。

 

優しく皮膚の上を滑らせるように馴染ませるのが、
目元クリームを塗るポイントです。

 

皮膚が動いてしまうほど力を入れると、シワやくすみの要因に
なってしまいますので注意しましょう。

 

 

効き目アップのコツ

 

目元クリームを塗る前に、ホットタオルで目元を温めたり、
ツボマッサージをするとさらに効き目がアップします。
血行が促されて、有効成分がさらに浸透します。

 

くすみやクマにお悩みの方に特におすすめです。

 

 

目元クリームの副作用や注意点

アイクリーム 使い方 画像

 

・目元専用のクリームなので、敏感な目の周辺に合わせて、
 刺激が少ない商品ばかりです。

 

 肌へのダメージや負担が心配な添加物も入っていないものが多く
 肌が弱い方でも副作用の心配なく使用することが出来ます

 

 

・力を入れずにクリームを塗れるように、伸びが良い風合いに
 作られている商品が多いです。

 

 ちょっと多めに肌に乗せてしまうと、目に入ることもあるので
 少しずつ適量を塗るようにしましょう。

 

 目元クリームは目の周りに使うもので、低刺激処方になっていますが、
 目はとても弱い部分のため、一応気を付けましょう。

 

アイクリーム 使い方 画像

 

・目元クリームは首や口元にも使えますが、目元の薄い皮膚を
 ガードするため、他のクリームよりも少し多めに油分が入っています。

 

 ということから、目元クリームを皮脂や汗の出やすい部分に使うと
 毛穴が詰まったり、テカってしまったりするので、目元以外に使う時は
 ちょっとずつ使うようにしましょう。

 

 

・シミへの効果が優れているレチノールは、刺激があり、
 副作用を起こすことがある言われたりしますが、専門医療機関による
 シミ治療で使われる高濃度のレチノール=レチノイン酸のことです。

 

 目元クリームには、副作用を起こす濃度で入れてはいませんので
 心配なく毎日使うことが出来ます。